同人誌作成でよく利用される冊子印刷の業者の選び方とは

booklet printing

News List

2017年07月19日
冊子印刷で名刺を作ろうを更新しました。
2017年07月19日
印刷の歴史と冊子の種類を更新しました。
2017年07月19日
こまめな連絡が取れるかがカギの冊子印刷を更新しました。
2017年07月19日
冊子印刷はインターネットでしようを更新しました。

冊子印刷をどのような会社に頼むか

冊子印刷を多数ある会社の中から選ぶ時、どのような事に注意したらよいのでしょうか。失敗しない冊子印刷会社の選び方について紹介します。冊子印刷の時に、印刷後のイメージをPDF等のデータでチェックすることは可能ですが、いざ印刷され手に取って見ると想像していたものと違うということがあります。これは紙の品質や色の状態によって最初のイメージと違ったものになってしまうのです。このような失敗をしないためには、印刷会社でサンプル本を製作してくれるかチェックしましょう。
次は見積に関してです。冊子の印刷を頼みたいなと思った時、何社かに見積を頼みその中から1番安いところに頼む人が多数です。「金額は安かったけど、見積の費用の中に手直し費用が入っていなかった」といった場合もあり、後から費用が加算されていくこともあります。なので、見積の中に手直し費用などが入っているのか確認しましょう。
納期についても大事です。印刷会社によっては納期厳守と書かれていても、安価な会社に頼んだらミスが重なり納期に間に合わなかったなどといった場合もあります。そうなると、印刷を再度行うため更に納期が遅れるといったことに繋がります。そうならないためにも納期厳守を鵜呑みにせず、しっかりと信頼できる印刷会社か見極めることが重要です。

目的に合わせた冊子印刷を

冊子印刷を頼む業者を選ぶ際に、ただ値段や納期のみを気にしていませんか。目的に合わせた冊子印刷の選び方をお伝えします。まず、印刷にはいくつか種類があります。最も手軽なのがインクジェット。家庭用コピー機やコンビニ印刷などでも身近ですね。様々なものに印刷できる点もポイントが高いです。
そして、オンデマンド印刷。こちらも家庭用コピー機と同じような仕組みの印刷になっています。どちらも少部数の印刷に向いており、部数が多くなってしまうと寧ろコストが上がってしまう特徴があります。
家庭用コピー機と大差ないなら家庭で作ればいいのでは、と思われるかもしれませんが、これらの印刷方法で冊子印刷を頼むと、きっちりと本の形に製本してもらえるというメリットがあります。また、家庭で手に入れづらいような紙に印刷したり、カバーをかけたりなど様々なオプションが利用できます。
300冊程度からコストパフォーマンスが上がり、オンデマンドよりも綺麗な仕上がりになる、型を作って印刷するオフセット印刷は、あまりページ数の多くない本を沢山印刷する際におすすめです。型の種類によって値段が異なってきますので、部数に合わせたものを選びましょう。
また、個人で冊子印刷を行う際には縁があまりありませんが、グラビア印刷という印刷方法もあります。名前の通り、写真などをとても綺麗に精密に印刷することができます。

冊子印刷の業者選びのポイント

会社で冊子を作る場合、印刷会社や広告会社を通して制作することもありますが、個人のお店や各種の活動で、簡易的な小冊子を作りたい場合があります。例えば原稿のデータが既に揃っているものを印刷して冊子にしたい場合や、紙の原稿を冊子にしたい場合などには、冊子印刷の業者が便利です。
そのような業者はインターネットからの受付も行っていますから、近くにそのような業者がない場合でも作ることが可能です。そんな冊子印刷の業者を選定する場合は、チェックしたいポイントがありますから、ご紹介します。
インターネットを使って冊子印刷を発注する場合、特に気を付けたいのが途中経過で確認したものと実際の仕上がりのイメージが違ったという問題です。途中の過程で仕上がりの状態をPDFファイルなどで確認して内容のチェックはできますが、印刷後の正確なイメージはつかみにくいものです。選んだ紙に実際に印刷したサンプル本を送付してくれる業者を選ぶとそのような失敗がないでしょう。
見積もりを行う際にも、チェックしたいポイントがあります。冊子印刷を発注した場合、途中で原稿のデータ修正などの作業が発生しますが、その費用が見積もりに含まれていないケースもあります。安い業者を選んで、最終的には予算オーバーになって失敗したというケースもありますから、トータルでの見積もりかどうか確認しましょう。

オフセットが冊子印刷で綺麗に仕上がる理由

オフセット印刷は高精細で綺麗であるとの宣伝をよく目にします。冊子印刷でも薄い紙を使うカタログで綺麗に印刷できますが、その理由を知っておくと便利です。まずオフセット印刷で使用するインキはオンデマンドのトナーよりも細かな点を紙に乗せることができます。これはまずアルミでできている刷版を作成してオフセット機にセットすることから始まります。 このアルミ板に印刷する絵柄を反転させた状態で焼き付けるわけです。そこにインキを乗せてからゴム製のブランケットと呼ばれるものに転写し、それをさらに用紙に転写することで印刷されます。墨と藍色、紅色と黄色の順に重ねるように印刷することで、あらゆる色を冊子印刷で表現することができます。この刷版において、高精細なものを使用することによって、細かな網点にしてキメの細かな冊子印刷ができるようになるわけです。 このような高精細な印刷を生かすためには、コート系の用紙に印刷するのがポイントになります。インキの発色が非常に良いので、カラー印刷は綺麗に仕上がります。もちろんオフセット印刷を使っても、操作するオペレーターによっては品質は左右されます。色んな業者に依頼してみて、納得のできる品質の業者を探すのも良いかもしれません。


相談できる冊子印刷の協友
冊子印刷に手間がかかってしまいますよね!そんなときにこちらをご利用しましょう!完成本3冊まで無料、また電話やメールのサポートまでしてくれるのです!

Contents

冊子印刷はインターネットでしよう

冊子印刷はインターネットで利用すると素早く印刷できていいでしょう。大学のレポートを冊子にまとめたかったり、オリジナルの漫画や小説を冊子にして友人に配りたい…

read more...

こまめな連絡が取れるかがカギの冊子印刷

私は文筆業をしていますが、本業の記事執筆の傍ら、趣味で書き溜めていた原稿を形にするため印刷会社さんの方に依頼しました。学生時代から、個人やサークルが冊子を…

read more...

印刷の歴史と冊子の種類

商品カタログやパンフレット、取り扱い説明書などの冊子の印刷。印刷技術の発展は、その国の文化の向上のバロメーターともいえるでしょう。印刷自体は7世紀頃に中国…

read more...

冊子印刷で名刺を作ろう

近頃では名刺を自作する方も増えてきました。型に縛られない自由なレイアウトで自身の経歴を主張してみたり、綺麗な柄がプリントされたものもよく目にします…

read more...

TOP