同人誌作成でよく利用される冊子印刷の業者の選び方とは

booklet printing

冊子印刷で名刺を作ろう

近頃では名刺を自作する方も増えてきました。
型に縛られない自由なレイアウトで自身の経歴を主張してみたり、綺麗な柄がプリントされたものもよく目にします。
ですが所詮は一枚の小さな紙切れ。詰め込める情報量などは高が知れたもの。ならば名刺を本にしてみては?過去の業績を長々と文字で説明するよりも効果百倍、説得力が雲泥の差です。百聞は一見に如かずと言いますから。
デザイナーなら過去作品を、漫画家なら起承転結で最後にオチ付きの名刺なんて意気だと思いませんか?では具体的にどの様に製本化するか?中綴じ冊子と呼ばれる製本方法をお薦めしたいと思います。
これは、冊子を開いた状態で中央を2つ折りにし、折り目に沿った上下2箇所をホッチキスで綴じただけで仕上げることができます。
cdのブックレットが正にこの製本技術です。特徴としては、各ページが根元まで開ききるので枠を最大限に活用できる事。何しろ名刺サイズの冊子ですから余白も十分に活用したいですね。次に、製作が容易であること。製本原理が単純明快なので、個人でもワードなどのツールを用いて簡単に仕上げることが可能です。印刷してホッチキスで綴じるだけですから。お忙しい方は業者に発注してもよいでしょう。
だいたい100部あたり5~6,000円で作れます。特注ではなく、名刺冊子として専門に依頼を請け負う会社も存在します。
これを機に是非あなたも名刺冊子を検討されては如何でしょうか。

Contents

冊子印刷はインターネットでしよう

冊子印刷はインターネットで利用すると素早く印刷できていいでしょう。大学のレポートを冊子にまとめたかったり、オリジナルの漫画や小説を冊子にして友人に配りたい…

read more...

こまめな連絡が取れるかがカギの冊子印刷

私は文筆業をしていますが、本業の記事執筆の傍ら、趣味で書き溜めていた原稿を形にするため印刷会社さんの方に依頼しました。学生時代から、個人やサークルが冊子を…

read more...

印刷の歴史と冊子の種類

商品カタログやパンフレット、取り扱い説明書などの冊子の印刷。印刷技術の発展は、その国の文化の向上のバロメーターともいえるでしょう。印刷自体は7世紀頃に中国…

read more...

冊子印刷で名刺を作ろう

近頃では名刺を自作する方も増えてきました。型に縛られない自由なレイアウトで自身の経歴を主張してみたり、綺麗な柄がプリントされたものもよく目にします…

read more...

TOP