同人誌作成でよく利用される冊子印刷の業者の選び方とは

booklet printing

印刷の歴史と冊子の種類

商品カタログやパンフレット、取り扱い説明書などの冊子の印刷。印刷技術の発展は、その国の文化の向上のバロメーターともいえるでしょう。印刷自体は7世紀頃に中国で木版での印刷がされていました。ヨーロッパでは金属活字を使った活版印刷が広まり、聖書をはじめとする様々な冊子が作られるようになりました。
その後、水と油の反発を利用した石版印刷が発明されるようになり、これが今のオフセット印刷の原型になりました。ヨーロッパから日本に印刷技術が伝わると、様々な研究や改良が重ねられて日本産のオフセット印刷機が作られるようになり、冊子の印刷が始まりました。今は多くの印刷所で冊子の印刷がされています。冊子の印刷にはいくつかの種類があります。
二つ折にした紙の折り目の部分を針金で固定した中綴じは会社案内や商品カタログ、取り扱い説明書などでよく見かけられます。冊子の背の部分を糊で固めて綴じる無線綴じは、会社報告書や卒業文集などの記念誌によく用いられています。無線綴じは糸や針金を使わなくても背表紙がつけられ、本の形になっているので読みやすく、長い間保管することもできます。冊子の印刷は本を買うより金額も安めなので、よく利用されています。

Contents

冊子印刷はインターネットでしよう

冊子印刷はインターネットで利用すると素早く印刷できていいでしょう。大学のレポートを冊子にまとめたかったり、オリジナルの漫画や小説を冊子にして友人に配りたい…

read more...

こまめな連絡が取れるかがカギの冊子印刷

私は文筆業をしていますが、本業の記事執筆の傍ら、趣味で書き溜めていた原稿を形にするため印刷会社さんの方に依頼しました。学生時代から、個人やサークルが冊子を…

read more...

印刷の歴史と冊子の種類

商品カタログやパンフレット、取り扱い説明書などの冊子の印刷。印刷技術の発展は、その国の文化の向上のバロメーターともいえるでしょう。印刷自体は7世紀頃に中国…

read more...

冊子印刷で名刺を作ろう

近頃では名刺を自作する方も増えてきました。型に縛られない自由なレイアウトで自身の経歴を主張してみたり、綺麗な柄がプリントされたものもよく目にします…

read more...

TOP